今後の家庭用太陽光発電のあり方

今後、家庭用太陽光発電の役割は今までと違い、家庭での電気使用の補助的な存在となると考えられます。その理由としては、買い取り価格の下落です。太陽光発電が普及した現在では、今までのような普及目的としての役割は終えているので売値と買値の差がなくなっていくものと考えられます。今までのように家庭用太陽光発電にて利益を得ることが難しくなってきます。よって、あくまでも家庭使用分を補う程度の存在として考えるのが妥当といえます。

買い取り価格の動向について

太陽光発電の買い取り価格は、当初48円という、売値の倍額の金額でした。ここ数年は太陽光発電の普及に伴って下落傾向が続いていて現在、32円まで下落しています。恐らく今後の傾向としては、売値価格の24円近くまで下落していくと考えられています。家庭用太陽光発電の発電量と家庭での使用量の差がなくなっているどころか、天候や季節によっては、1年間を通して家庭での使用料のほうが上回る可能性が多くなってきています。

今後購入を検討されている方

今後、家庭用太陽光発電を購入、導入しようと検討されている方は、今が最後に近いチャンスと考えていいと思います。今、購入・導入すれば32円の買い取り価格は、10年間保証されるためにもとをとることが十分にできます。購入の際は、多数の業者を比較したうえで、保証の長いしっかりとしたメーカーを選択することをお勧めします。理由としては、パネルは消耗品です。何かあった際にきちんとしたアフターサービスが受けられるメーカーがいいです。

太陽光発電とは、太陽光を電気に変換できるパネルを設置し発電して、その電気を自分で使用したり、電気業者に売ったりすることです。