がんの予防方法はこれだ

がん予防には、生活習慣を見直す事です。人によって行う事は様々で、太っている人は体重を減らすために食事や運動を見直します。いくから身体に良いものでもいきなり沢山食べても効果が直ぐには出ないので、回数や量を週単位や月単位の献立の中で少しづつ増やしていきます。運動も同じように、ストレスにならない程度に運動をする習慣を少しづづ増やすのです。ニコチン中毒の人はたばこをやめるのが良いが、簡単にやめるのは難しいので禁煙外来を利用して禁煙出来るようにします。

がんの最先端治療の内容

がんの治療法には、化学療法と放射線療法と手術療法があります。この中で放射線療法の粒子線治療が、差先端治療になります。粒子線治療は粒子線を体に照射する事で、がん病巣のある場所に設定出来るため正常な細胞には影響を与えずに正確に狙う事が出来ます。陽子線治療もあり、多少周囲に散乱しながら線量が進んで行きます。陽子線はエックス線とガンマ線とあまり大差がなく、日本では9の医療機関で受けられます。粒子線は、4つの医療機関でしか受けられないです。

がんの最先端治療は保険適用か

がんの最先端治療は、全額が自己負担になっています。通常の治療と共通している部分は、一般の保険料が適用されます。例えば、検査や診察・入院料・投薬などが当たります。心療代を支払う時は、保険給付分と先進医療分の両方を合わせた分を支払います。先進医療を受ける時は、一般の診療と同じなため病院にかかる時は被保険者証を窓口に提出します。先進医療は患者が希望して医師が必要性を認めると、一般的な保険診療を受ている途中で行われます。

がん先端治療は一般的な治療よりも高い効果を得られる利点があります。その一方で臨床例が少なく、人体への負担も大きいケースがあるので慎重に判断する姿勢が患者に求められます。